アトピー解消入浴剤ランキング!

アトピーを解消してくれる効果のある人気の入浴剤のうち、実際に使ってアトピー解消効果を実感できた入浴剤ランキングです。

1位

みんなの肌潤風呂

みんなの肌潤風呂
アトピー解消効果 評価5

 

ボタン

 

ボタン


 

2位

アユーラ

アユーラ メディテーションバスα
アトピー解消効果 評価4

 

ボタン

 

ボタン


 

3位

カミツレ

華密恋(カミツレ)バスエッセンス
アトピー解消効果 評価4

 

ボタン

 

ボタン

 


 

4位

アトプルーブ

アトプルーブ
アトピー解消効果 評価3

 

ボタン

 

ボタン

 


 

5位

バスロマン

バスロマン スキンケア
アトピー解消効果 評価2

 

ボタン画像

 


アトピーに一番効果があったのは「みんなの肌潤風呂」

アトピー肌に優しい最強の入浴剤はみんなの肌潤風呂です。

 

全額返金保証がついているため、もし万が一、肌に合わなかったり気に入らなかったら返金することが出来ます。

 

みんなの肌潤風呂

 

着色料不使用、合成香料不使用、パラベン・エタノール不使用で肌への優しさは最強です。お肌のダメージの回復も早くなり、
まるで美容液に使っているような入浴剤です。

 

水道水に含まれる塩素を除去して滑らかにしてくれます。

 

1カ月間使い続けたらお肌のガサガサがきれいになりました。

 

また、入浴後のカサカサした乾燥がなくなって、保湿しなくてお肌の潤いを感じることが出来ています。

 

みんなの肌潤風呂

 

みんなの肌潤風呂を入れたお湯は半透明になりました。グレープフルーツの心地よい香りがお風呂場に漂います。

 

肌のカサカサやガサガサを解消してくれるだけでなく、リラックス効果もあるのでこの入浴剤を入れると眠くなってしまいます。

 

残り湯は洗濯にも使えるので大変経済的でした。

 

アトピー肌や敏感肌の方にはかなりオススメです。

 

>>もっと詳しくレビューを見てみる!

 

>>みんなの肌潤風呂の最安値通販サイトへ

 

アトピー入浴剤を選ぶうえで重要な4つのポイント

1、「塩素」を除去してくれる効果が高いものを

蛇口のイラスト

アトピー改善に効果的な入浴剤を選ぶ正しい方法は、塩素をしっかり除去してくれるものを選ぶことです。

 

入浴剤を入れて塩素を中和してくれる成分の入ったものを選びましょう。ビタミンが含まれている入浴剤は塩素を中和し、お湯を柔らかくしてくれます。

 

「みんなの肌潤風呂」は天然の保湿成分ビートから抽出した保湿成分がアトピー肌やカサカサ肌をしっかりと保湿、保護します。

 

保湿成分はヒアルロン酸やセラミドが有名ですが、これらの成分は水道水の塩素と反応して中和されてなくなってしまいます。

 

なので「ビート(砂糖ダイコン)」などの植物から抽出した保湿成分の方が効果的なんです。

 

2、ミョウバン入りのものを

アトピーになりやすい体質の人の80%以上が、皮膚に黄色ブドウ球菌がたくさん繁殖している傾向にあります。

 

安全にアトピーを改善するなら薬は副作用があるので使わず、ミョウバンを使うことによってアトピー菌を除去できます。

 

みんなの肌潤風呂にはミョウバンが入っており、アトピーでダメージを負った肌の修復に役立ってくれます。

 

また、ミョウバンはアトピーを解消してくれるだけでなく、製汗効果やあせもを予防してくれる効果があるのです。汗をかきやすい夏にも、ミョウバン入りの入浴剤を使うことによってあせも、体臭なども防ぐことが出来ます。

 

3、、天然の保湿成分のものを

実は、私たちが普段食べているものの中で意外な保湿成分を持った調味料があります。

 

それは「糖分」です。

 

糖分は水分を蓄える性質を持っています。

 

たとえると、甘い煮豆は砂糖を入れて煮詰める前までは乾燥していて硬い状態ですが砂糖を入れて煮詰めると柔らかくなって煮汁がトロトロになります。

 

みんなの肌潤風呂

 

入浴剤に使われる糖分は砂糖ではなく「ビート糖」というサトウ大根から抽出された糖分がべたつかず使いやすいです。

4、添加物の少ないものを

アトピー体質の人はカラダの免疫機能が低下している傾向があります。
なので、保存料や・防腐剤、界面活性剤などが入っているものは選ばない方がいいです。

 

天然の成分を使ったものや、界面活性剤の配合量の少ないもの、無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

硫黄が入っている入浴剤は使わないようにしましょう

温泉成分として有名な硫黄は、リウマチ改善や神経痛、腰痛などの神経や筋肉、関節の痛みの改善には効果的ですが、アトピー体質だとかえって刺激が強くなってしまいます。

 

硫黄が入っている入浴剤は選ばないようにしましょう。

 

2、唐辛子が発汗成分として入っている入浴剤もダメ!

発汗作用のあるものは、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンという成分が含まれています。

 

カプサイシンは大変刺激が強く、アトピー肌の人が使うと、傷口に唐辛子を塗るのと同じくらいの刺激になってしまうので使用は避けましょう。
汗をかくことは重要ですが、発汗入浴剤は使わない方が無難です。