バスソルトのおすすめ人気ランキング

発汗効果の高いバスソルトのおすすめ順ランキングです。

 

私が実際に使って効果を実感したものを厳選して並べています。
特に、イルコルポのミネラルバスパウダーは、世界一ミネラルの濃い沖縄の海域の天然バスソルトです。

 

発汗作用、香り、血行促進効果は文句ナシ!(←最高でしたw)

 

ミネラル成分が濃いバスソルトを選ぶのがポイントです。失敗しないバスソルトを選ぶポイントを解説していきます。

バスソルトを選ぶ最大のポイント

ミネラル濃度の濃いものを選びましょう

バスソルトは、ミネラル含有量が多ければ多いほど良いバスソルトだと言えます。

 

なぜなら、バスソルトに含まれるミネラル分が塩素を除去してくれるからです。

 

また、ミネラル分が濃いと体内の老廃物を汗と一緒に流してくれる「デトックス効果」も高くなります。

 

例えば野菜に塩をかけて放置すると浸透圧の関係で野菜から水分が出ますよね?
人間の体も同じことが言えて、塩分とミネラル分の濃度が濃いほど汗が出て発汗作用が強くなります。

 

濃度の濃いバスソルトを使うと、入浴後はポカポカして湯冷めしません。

 

ミネラル含有量が多い!バスソルトのおすすめランキング!

※画像かタイトルをクリックすると実際に使った感想ページにへ飛びます。

 

★★★★★

 

ボタン

 

世界一のミネラル含有量でギネスブックに認定された「宮古島」の「雪塩」という塩を使っています。
一般の食塩の150倍ものミネラル含有量があります。

 

大人気で生産が追い付かず、品切れが多いのがネック。


 

 

★★★★★

 

ボタン

 

死海の海を濃縮したバスソルト。セレブの間でも人気。楽天市場でもっとも売れたバスソルトです。


 

 

★★★★★

 

ボタン

 

世界一のミネラル含有量でギネスブックに認定された「宮古島」の「雪塩」という塩を使っています。
一般の食塩の150倍ものミネラル含有量があります。

 

大人気で生産が追い付かず、品切れが多いのがネック。


 

 

 

 

 

サンタマリアノヴェッラ バスソルト
ロクシタン リラクシングバスソルト
ミネラリア デッドシーバスソルト

 

 

 

バスソルトを使い倒した中で一番良かったのは「イルコルポ ミネラルバスパウダー」でした!

私が今まで使った中で一番良かったのがシーボディというメーカーから出ている「イルコルポ ミネラルバスパウダー」です!

 

他のバスソルトと比べても発汗効果が全然違いました。ぬるいお湯に入っていて汗をかかない温度のはずなのにものすごく発汗しました。

 

ミネラルバスパウダー

 

ミネラルバスパウダーは、世界一ミネラルの濃度が高い沖縄の「ぬちまーす」という雪塩を使っています。このぬちまーすはギネスにも認定されるほどのミネラル含有量を誇っています。

 

ヒマラヤの岩塩よりも沖縄の塩のほうがミネラルが濃いなんて意外ですよね。

 

ミネラルバスパウダーをお湯に入れると森林の香りがしました。ミネラル分が多いせいか、ほんのり、鉄のような匂いもします。

 

ミネラルバスパウダー

 

この塩の濃度が汗腺を刺激して発汗効果を高めて体を体温が下がりにくい状態にしてくれます。

 

ちなみに緑色になっているのはユーカリの天然成分(保湿成分)が入っているためです。
入浴後は肌がしっとりしていました。

 

実際に体験したバスソルトの効果・効能

保湿効果

バスソルトには皮脂の汚れの吸着効果があります。

 

皮脂の汚れが取れたお肌は、保湿のために新しい皮脂を出そうとします。
この新しくでた皮脂がお肌の潤い(保湿)になるわけです。

 

また、バスソルトのミネラルやマグネシウムといった成分がお肌の表面に膜を作ってくれるのでお肌の水分を蒸発から守ってくれます。

 

デトックス・疲労回復

塩分とミネラルでの発汗作用で体の中の毒素をデトックスできる効果もあります。

 

お肌がスベスベになる効果も!

マグネシウムがお肌の汗腺の奥まで浸透して汚れを落としてくれます。

 

古い角質が落ちてお肌の新陳代謝を高める効果があるのでおすすめです。

 

バスソルトのデメリット

バスソルトは効果も高い反面、デメリットも多いです。購入する前にこれらのデメリットを考慮する必要があります。

髪の毛がバスソルトの入ったお湯に浸からないように

バスソルトの入ったお湯に髪の毛を付けると、塩分で髪がパサパサになってしまいます。
髪の毛はたんぱく質でできています。このたんぱく質が塩分と反応すると溶けだしてしまうため髪の表面のキューティクルがパサパサになってしまいます。

 

なのでバスソルトを入れるときは髪を巻き上げてお湯に浸からないようにしましょう。

一部の浴槽ではバスソルトが使えない

海水でも沸かさない限りバスソルトが溶けだした程度のお風呂では風呂釜はほとんど痛むことはありません。

 

強化プラスチック(FRP)、ホーロー、ステンレス、ポリの浴槽はバスソルトを入れても問題ありません。
ただし、お湯が冷めてしまった時の追い炊き機能は、塩分を含んだお湯が金属に触れる部分が多くなってしまうため使わないほうがいいです。

 

使えない浴槽は、大理石の浴槽、ヒノキなど木製のものです。これらの浴槽は腐食してしまう可能性があるので使わないほうが無難です。

 

バスソルトが使える浴槽に場合は、入浴後にお湯抜きをした後に軽くシャワーで風呂釜を洗い流すと塩分でべたつかず掃除が楽になります。

肌に傷がある場合は少ししみる

バスソルトが溶けこんだお湯は、傷がある部分に触れると少ししみる場合があります。

 

しかし、水に強いばんそうこうなどを貼ればバスソルトが入ったお湯でも問題なく入浴することが出来ます。

 

入浴後は念のため消毒液などで消毒してください。

残り湯が洗濯に使えない

かなり残念なバスソルトのデメリットです。残り湯を洗濯に使ってしまうと洗濯機と洗濯物を痛めてしまいます。

 

洗濯機は金属パーツが多いので、バスソルトに含まれる塩分がサビの原因になります。

 

また、洗濯機だけでなく洗濯物も痛めてしまいます。繊維の目に塩が詰まってしまい生地がゴワゴワになってしまいます。

 

私は何も知識がない頃、バスソルトを洗濯に使って大変なことになりました。。。
「お湯がもったいない!」とは思いますがバスソルトを使う際は残り湯で洗濯はできないので注意してください。